頑張った住宅ローン

私の住宅ローンについての話になります。

 

転勤で埼玉からある地方都市へ住所を変更した、
賃貸マンションから、中古の一戸建て住宅へ移ろう
との事で、色々な募集記事等で探した結果、
望ましい場所へ見に行った。

 

そこで望ましい中古住宅がありました、が、家内が
隣で建築中も住宅に目が移り、業者聞いてみると、
まだ売れていないとの事。

 

予定の中古に比較すると、相当価格がアップするが
新築に目が行くのが当たり前、話が熱をおびてきた
新築がいいに決まっている。

 

建築会社の責任者に、主人の年収は私に比較して
相当高い、軽くいけますよ、なんて煽てられて
そこで確か三十年のローンを組んだ。

 

年齢を計算すると相当な歳になるが、ま、退職金で
何とかななろうかでスタートした。

 

ま、快適に生活しローンもきつくなく、良好であったが
利子が馬鹿馬鹿しいと思うよになり、まとめ支払いを
繰り返した。

 

そうすると支払い期間がどんどん短縮されてきた、
しかし子供の教育に、相当お金が掛かる時期になり、
もうそんなに無理しなくてもいではないか、と思うように
なりペースを落とした。

 

その内に、そろそろと定年時期が近くなってきた、
ま、会社の退職金の方も極端な事が起きなければ、旨く支払いが
終了して、多少は残ると計算して入るところです。