住宅ローン控除制度について

増築などのリフォームを検討しているという方に、住宅ローンの控除制度というものを知っておいてもらいたいです。この制度は、住宅ローンを組んだときに所得税が控除されるので利用できる人はして欲しいです。

 

対象期間が設けられており、リフォーム後居住開始日が、平成21年1月から平成25年の12月までとなっています。対象となるリフォームというのが、10年以上のローンを組むのが対象となっています。控除などの対象期間も10年間と定められていて、申告を税務署にしなくてはなりませんので、きっちりと書類を揃えておく必要があります。

 

控除される額は、リフォーム残高の1%となります。所得税は、人により扶養などによって違いがあるので、源泉徴収票などできっちりと納税額を確認する必要がある。

 

制度の適用を受ける際には、増築を証明する書類が必要となります。この証明書は、建築士事務所に登録している建築士か指定確認検査機関、登録住宅性能評価機関に発行してもらう必要があります。リフォームをする前に、証明書を発行してもらうように依頼して話を詰めておきましょう。決められた様式ですし、制度の適用には絶対必要ですので準備を怠らずにやりましょう。

 

色々な条件があり、ややこしい場合もありますが、一定額の控除は助かると思いますので、リフォームを考えている人はちゃんと調べましょう。