住宅ローンの基礎的な要素

住宅ローンという言葉を聞いたことがない人は少ないと思いますが、住宅購入を考えたことがない人は詳しいことは殆ど知らないかもしれません。

 

住宅ローンは文字通り住宅を買う際にローンを組んで分割返済をすることですが、その種類や扱う金融機関は実に様々で、金利・期間・金融機関が主にそれらを分ける要素になります。

 

金利には年に2回変動する変動金利、特定期間は変動しない固定金利選択型、最後まで変動しない長期固定金利などがあり、それぞれ安定性や金利の高さが異なりそれぞれにメリットがあります。

 

金融機関についても公的なものだけでなく民間のローン商品も様々なものがあり、民間ローンの中でも金融機関が不動産会社などと提携する提携ローン、提携しない非提携ローンに大別され、選べる金融機関の自由度や付随するキャンペーンなどで人によって最適なものが別れるでしょう。

 

これらに加え、融資には可能な借入額や借入する人の年齢、年収など審査の条件も考慮に入れる必要があります。
またローンを借りる際には元金と利子だけでなく保証金などもろもろの諸経費がかかり、しかもローン商品によって変動するのでこれらも計算に入れなくてはなりません。

 

昨今はローン商品の競争が激化しており様々な種類のローンが用意されているため
上述のような要素をすべて考え各人のライフスタイルや将来の展望に合わせたローンを選択する必要があるでしょう。

住宅ローンの情報集

住宅ローンを徹底的に比較して選ぼう!
住宅ローンを詳しく比較しているサイトです、

 

借り換えで住宅ローンがますますお得になります!
住宅ローンの借り換えに関する知識や情報が多数掲載されています。

 

国土交通省
国土に関する情報が満載!国土交通省のホームページです。